メルマガ バックナンバー

富裕層マーケティング メールマガジン Vol.6

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

富裕層マーケティング メールマガジン Vol.6
2015.09.07
http://rpartners.jp/

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

当メールマガジンは、これまで名刺交換をさせていただいた方々や、
雑誌で取材させていただいた法人様等に限定して配信させて頂いております。
7,000名以上の方々に配信中です。
バックナンバー:http://rpartners.jp/html/magazine.html

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【コンテンツ】
■□ コラム「ザ・富裕層マーケティング」!
■□■□ 2.富裕層マーケティング オススメ商品
■□■□■□ 3.自社運営サイト紹介
■□■□■□■□ 4.【10店限定!】日本料理店 無料情報掲載キャンペーン
■□■□■□■□■□ 5.編集後記

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■╋■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
╋■┛ 1. コラム「ザ・富裕層マーケティング」Vol.4
■┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

アジア圏への進出を考えたときに、必ずと言っていいほど候補に上がるのがシンガポールです。
では、なぜシンガポールなのでしょうか。
それは、主に次の5つのメリットがあると言われているからです。

1. 法人に有利な税制・法体制
2. アジアのハブ機能
3. 魅力的な富裕層マーケット
4. 親日家が多い
5. 地震などの災害リスクが比較的低い

では、少しだけ各メリットをご紹介します。

—–【メリット1】————————————————————–
法人に有利な税制・法体制
———————————————————————————

たとえば、シンガポールの法人税は最大17%です。
日本の法定実効税率約40%と比べて最と非常に低くなっています。
他にも非課税のものも多く、ビジネスをする上で魅力的な制度が整えられています。
法人を設立する際の手続きも合理化されていて、世界でもトップクラスのビジネスインフラが整っています。

—–【メリット2】————————————————————–
アジアのハブ機能
———————————————————————————

将来的に、シンガポールだけでなく他のアジアの国々にも進出していきたいと考えているビジネスオーナーもいるかもしれません。
このようなニーズにもシンガポールは最適です。
アジアのハブと言われるくらい他国へのアクセスが良好。
ASEAN諸国なら、なんと3時間以内で移動ができてしまいます。

—–【メリット3】————————————————————–
魅力的な富裕層マーケット
———————————————————————————

富裕層向けにビジネスを展開する場合も、シンガポールはオススメ。
シンガポールはアジア有数の金融センターという側面も持ち合わせており、
以前から外国人駐在員が多い国でした。
世界的に見ても、富裕層世帯の割合が多く、ボストンコンサルティンググループの調査(2015年版)をみてみると、
金融資産が1億ドルを超える「超富裕層」の割合は世界第2位! (10万世帯あたり14.3世帯)

【参考】
トラベルボイス 「世界の富裕層、日本は第3位の110万世帯に、超富裕層の割合が高いのは香港・シンガポール ―BCG調査(2015年版)」
http://www.travelvoice.jp/20150617-44800

—–【メリット4】————————————————————–
親日家が多い
———————————————————————————

いくらビジネスと言っても、人と人。 感情的な要素をゼロにすることはできません。
そう考えてみると、進出する国が親日的かどうかは重要な要素ではないでしょうか。
その点、シンガポールは安心。 ビジネスだけでなく、普段の生活においても非常に暮らしやすい国です。
ちなみに、日本とシンガポールの時差は1時間ですが、このギャップを減らすために、
本来の時間より1時間早く設定されているのをご存知でしょうか。 このようなところからも親日度が分かりますね。

—–【メリット5】————————————————————–
地震などの災害リスクが比較的低い
———————————————————————————

ひとたび大きな災害が起こると、長期間ビジネスができなくなってしまいます。
とりわけ日本は地震国家と言われるくらいなので、災害リスクも進出における重要な要素のひとつになるでしょう。
シンガポールは地震や津波のリスクが比較的低い国です。 このような国に拠点を持っていれば、
万が一のときでもビジネスを継続することができます。
リスク分散という観点からもシンガポール進出は有益な選択肢のひとつではないでしょうか。

いかがだったでしょうか。 もちろん、今回ご紹介したメリット以外にも、様々なメリットがあります。
もっと詳しくシンガポール進出について知りたい方は、ぜひ「シンガポール進出研究会」へご参加ください。

▼シンガポール進出研究会に関する お問い合わせはこちら
http://singapore.ne.jp/toiawase/

■╋■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
╋■┛ 2. 富裕層マーケティング オススメ商品
■┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回はシンガポール進出に関連したオススメ商品を2つご紹介します。

【オススメ商品1】Lux Research Asia
【オススメ商品2】シンガポール進出研究会

—– 【オススメ商品1】———————————————————–
Lux Research Asia
———————————————————————————

日本だけではなく、アジア圏の富裕層も調査したいというご要望をいただくことがあります。
このようなニーズに応える商品が「Lux Research Asia」です。

Lux Research Asiaでは、ご依頼の当該国における富裕層リサーチを実施します。
富裕層リサーチは、日本国内でもなかなか難しいものです。
まして、対象がアジアとなると実施できるところは限られてくると思います。

当社は、富裕層向けの自社マガジン「HighNetWorth Magazine」を配布している 海外の当社富裕層顧客が約1,000名。
この他、連携可能な海外ライフスタイルマネジメント会社のネットワークを多数保有しています。
このようにリクルーティングの際の分母が多くすることで、様々な国、ニーズに対応したリサーチができる体制を整えています。

リサーチはビジネスを展開する上で欠かせない要素です。
アジア圏へのビジネス展開をお考えでしたら、ぜひ当社まで!

■こんな方にオススメ!
・アジア圏富裕層のリサーチを行いたい企業
・アジアインバウンド、アウトバウンド事業を考えている企業

▼お問い合わせはこちら
http://rpartners.jp/html/contact.html

—–【オススメ商品2】———————————————————–
シンガポール進出研究会
———————————————————————————

コラムでもご紹介したように、シンガポールは世界で最もビジネスフレンドリーな国のひとつと言われています。
実際、世界中の企業がアジア市場進出とグローバルオペレーションにおける拠点としてシンガポールに進出しています。

シンガポール進出研究会では、当社がシンガポールに進出した際の経験や、現地での事業経験を活かして、
効果的なシンガポール進出と継続的なシンガポール事業戦略シナリオの策定を目標としています。
もちろん、日々のビジネスでシンガポールにおけるビジネスのノウハウを常にアップデートしています。

シンガポール進出をお考えでしたら、ぜひ一度お問い合わせください。

■こんな方にオススメ!
・シンガポール進出を検討している企業
・シンガポールの現状を知りたい方

▼詳しくはWebサイト「シンガポール富裕層マーケティング」をご覧ください
http://singapore.ne.jp/

▼お問い合わせはこちら
http://singapore.ne.jp/toiawase/

■╋■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
╋■┛ 3.自社運営サイト紹介
■┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

シンガポール以外のアジアの国に進出したいとお考えの方もいると思います。
そこで今回は、アジア圏への海外進出情報サイト「海外進出情報ネット」をご紹介します。

▼海外進出情報ネットはこちら
http://shinshutsu.net/

シンガポール以外にも、インドネシアやカンボジアなど、現在8か国の海外進出に関連した情報を掲載しています。
各国の特色や富裕層との関連性が高いスパの情報など、様々な角度から進出に役立つ情報を発信しています。
もちろん、シンガポール進出研究会だけでなく、ベトナム進出研究会やカンボジア進出研究会の情報も掲載されているので、
こちらもぜひご覧ください!

▼アジア圏への海外進出に関するお問い合わせはこちら
http://shinshutsu.net/contact/

■╋■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
╋■┛ 4. 【10店限定!】日本料理店 無料情報掲載キャンペーン
■┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当社では、主に海外の富裕層向けに和食の名店や、和食の歴史などの基本情報を紹介するWebサイトを運営しています。
そこで、今回10店限定で無料掲載キャンペーンを実施することにいたしました!
日本料理店、和食レストランなどの方で、主に海外の富裕層にPRしたいとお考えでしたら、ぜひお問い合わせください。
このチャンスをお見逃しなく!

■こんな方におすすめ
・海外の方に自店の情報を発信、PRしたい方
・和食のインバウンド、アウトバウンド事業を考えている方

▼和食.netはこちら
http://washoku.ne.jp/

▼無料掲載のご依頼、お問い合わせはこちら
http://washoku.ne.jp/contact/

■╋■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
╋■┛ 5.編集後記
■┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは! ルート・アンド・パートナーズ メルマガ事務局の美里です。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございます。
第6回「富裕層マーケティング メールマガジン」はいかがでしたでしょうか?
今回のメールマガジンでは、シンガポール進出を中心に、海外進出についての情報を多くご紹介させていただきました。
気になるものがありましたら、お気軽にお問い合わせいただけますと幸いです。

もちろん、「こんな 商品はないの?」「こんな調査はできる?」「自社商品を富裕層にPRしたいんだけどいい方法ない?」など、
富裕層マーケティングに関するご依頼、お問い合わせも随時承っています。
今回ご紹介したもの以外にも多数の商品、Webサイトがありますので、ぜひ一度お問い合わせください。

▼お問い合わせはこちら
http://rpartners.jp/html/contact.html

このメルマガは毎月1~2回程度、継続して発行していく予定です。
毎月の発行を楽しみにしていただけていたら幸いです。
これからも皆様に少しでも役立つ情報を提供して参りますので、よろしくお願いします。

■╋■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
╋■┛ 運営会社
■┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■日本法人:株式会社ルート・アンド・パートナーズ
■住所:東京都中央区築地2-7-12 15山京ビル903
■TEL:03-3541-5051
■FAX:03-4498-4582
■Webサイト:http://www.rpartners.jp/
■Facebook:https://www.facebook.com/rootandpartners
■Twitter:https://twitter.com/rootandpartners
———————————————————————————————————————–
■シンガポール法人:HighNetWorthLab,Pte,ltd
■住所:150 Orchard Road #02-27 Orchard Plaza 238841 Singapore
■Webサイト: http://highnetworth.co.jp/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
■配信停止をご希望の方は、お手数ですが下記よりご連絡をお願いいたします。
http://rpartners.jp/html/contact.html
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

関連記事

富裕層メンバーシップサイト「HighNetWorth Online」
HighNetWorth Magazine最新号
Cool site of the week
富裕層マーケティングコラム 増渕達也 今日の独り言
富裕層インバウンドサポート
シンガポール進出研究会
メールマガジン「増渕達也のザ・富裕層マーケティング」
富裕層マーケティング メールマガジン
ページ上部へ戻る